FC2ブログ

PROFILE

kaokao

  • Author:kaokao
  • 和姦第一。

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORY

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

究極の選択?なのか?

変態絵のエントリーで老婆専と書いて思い出した。実家と同じ地区にあるちょっと怪しい家。

彼らは私が小学生の頃そこに家を建てて移ってきた。
彼らとは、息子とその母親。
どちらも年齢の見当がつかない。どっちも老けて見えたけど、実年齢は見た目より若いのかも知れない。子供ならなおさら大人は老けて見えるもんだし。
最近見てないから適当に推測するけれど、男は今40代ってところじゃないかな。半ばから後半のようなイメージ。飽くまでイメージね。



その家の一辺は道路に面していた。
外には生垣もなく、室内にはカーテンが引かれていない。しかも窓は大きな掃き出し窓ばかり。天気のいい日は家の反対側の風景が見えるような造りだった。
そこで目隠しのために、ガラスをスプレーペンキで塗りつぶしていた。
一時期はそこに「金返せ」みたいな内容の張り紙が何枚も貼ってあった。

そんな家に住む人を、子供が恐がらないワケがない。
近所の小学生達は皆この得体の知れない家に住む男を恐がっていた。
近くで寄り道してたら話しかけられて逃げたりしたし、
家の向かいに路駐してあったエンジンが止まっている車の横を通りかかった時、ふと車内を見たら運転席に男がシートを倒して乗っていて目が合っちゃったことがある。

それでも、私たちに実害はなかった。
中学の時、町で行われる運動会を見に行ったらその男が同年代と思しき人と談笑してるのを見かけた。連れと一緒に「あんなふうに笑って話す相手がいるんだー」とビックリした。
変わってるところがちょっと目に付きやすいだけで、少しは普通の面もある人なのかも知れない。
でも、正直言って隣近所に住まれるのは勘弁だな。

私が成人すると、母は子供には聞かせないであろう性質の噂話を話してくれるようになった。
その中に、件の家の話があった。

その家では親子でヤッてるらしい。

ヘッ?( ゚Д゚)
素っ頓狂な声で聞き返し、再確認。
聞き返してもやっぱりそれはいわゆるザ・近親相姦。

母親のほうが、近所の誰かに腰が痛いとかなんとか話して、「△△(息子の名前)が放してくれなくて」みたいなことを言ったんだってさ~。Y( >_<)Y ヒェェエ!
言っておくけどその母親、八千草薫とか森光子じゃありませんから。煮しめたような婆さんですから。

部外者としては、それなら右手を恋人にしたほうが良いのでは・・・と思うんだが。
手コキ婆なら“節くれだった指がえもいわれぬ快感を生み出したまんね~っ”てこともありうるだろうけどさ~腰に来るってことは挿入してるってことでしょ?それってどうなのよ。
やっぱ穴のがいいってことか?
右手でもいいやという結論に到達するほど経験していないのか?
たとえ生涯性交回数が少なくても、実の母を視野に入れるものなのか?
単にこの男が老婆専で変態の類だってことか?

2005-05-10(Tue) 11:15| 見た聞いた。(私)| トラックバック 0| コメント 4

コメント

ん~

この場合、どっちがどうだったんでしょう?
強烈なマザコンだったのか、猛烈な息子ラブだったのか。

どっちにしろオレの理解の範疇は超えていますが(笑)

2005-05-10(Tue) 14:35 | URL | EXCEED [ 編集]

さすがのEXCEEDさんも、実の親相手は理解出来ませんか。

どっちからなんでしょうね?
私は頭っから相手に困った息子がお母さんにお願いしたと思い込んでいましたが、
お願いする原動力の根っこはお母さんが植えつけたような気が今しました。
父親がいついなくなったのか、なぜいなくなったのか、それも深く関わっているような気がします。
子離れ親離れしなくちゃね!(^_^;)

2005-05-10(Tue) 17:18 | URL | kaokao [ 編集]

なんじゃそら!

>さすがのEXCEEDさんも、実の親相手は理解出来ませんか。

「さすがの」とはどういう意味じゃ、オラー(笑)

家族のことは他人が踏み込めない部分がありますからね。

オレの中では「家族」は性の対象外ですからw

2005-05-11(Wed) 13:11 | URL | EXCEED [ 編集]

わっはっは(≧∇≦)

>EXCEEDさん
もちろん褒め言葉です!称賛しているのです!w

私も家族を対象として見たことはありません。
たとえぱんつ一丁で目の前を歩かれようとも。
たとええっちぃ雑誌を積み重ねていようとも。

2005-05-11(Wed) 17:22 | URL | kaokao [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaokao.blog2.fc2.com/tb.php/446-142cf860

RECENT COMMENTS

BLOGLIST


私を登録 by BlogPeople

全記事表示

全タイトルを表示

SEARCH

RSS FEED

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。