FC2ブログ

PROFILE

kaokao

  • Author:kaokao
  • 和姦第一。

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORY

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

またしまくった。(1)

今回も彼はソファへ座る間もなく私を抱きしめる。
この人って常にまんべんなくエッチなのねと冷静に考えながらも、
彼が耳に息を当てる度、首筋に唇をすべらせる度、
体は細かく反応してしまう。
でも彼も実は。
ズボンの中でかなり大きくなってるのを足で感じていたわ。




シャワーの後はソファで。
またしても前回と同様に、彼は私の前にひざまずいて私を食べてる。
位置関係で言えば私のほうが上なのに、精神的には圧倒的に余裕のある彼が上。
私ったら最初の冷静さなどあっという間になくして、
彼の「舐めようか」「指入れて欲しい?」という問いかけに
「して」とか「ちょうだい」とか答えるのが精一杯。
彼が的確にツボを刺激するものだから、ソファの上でイキそうになっちゃったわ。
それは恥ずかしいと思って我慢したけど。

今度は私が彼を食べる番。
ノータッチで起つくらい溜まってるから、手で触った時点で全開。
「相変わらず太ーい」と思いながら咥える。
歯が当たりそうだから角度のバリエーションがつけにくい。
手でしごきつつ、出来るだけ舐め方で変化がつくように~と思い、いろいろした。
唾液たっぷりでねっちょりと舐め回したり、舌先に力を込めてえぐってみたり、吸引したり。
彼はそういうことされ慣れていないせいか、すぐ止める。
日頃正パートナーへのフェラを「まだかよ、いい加減にしろよ」と思うほどやらされているから、
短く済んでラッキーと思う反面物足りなさも感じたわ。

2004-06-26(Sat) 01:12| した。(エロ)| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaokao.blog2.fc2.com/tb.php/33-25f52196

RECENT COMMENTS

BLOGLIST


私を登録 by BlogPeople

全記事表示

全タイトルを表示

SEARCH

RSS FEED

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。