FC2ブログ

PROFILE

kaokao

  • Author:kaokao
  • 和姦第一。

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORY

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

穴る。

正パートナーのお尻に指を突っ込んでおいてなんなんだけど、
自分のお尻は放っておいてほしい。

正パートナーのお尻の穴を舐めると、彼が愛撫する番になった時同じように舐められる。やられてから初めて自分もやるという辺りが彼のダメな点なんだけど、それは置いておく。

とにかく、私は舐められて気持ちいいと思ったことがない。
性感帯が人それぞれであるように、アナルの反応も個人差なのか。
X氏もたまに舐めてくるんだけど、「そんなとこ汚いからやめてー」という拒否感ばかりが先に立って、お尻を引いてしまう。気持ちいいなんて思えない。

用途が違う。
出すところであって入れるところじゃない。
そんなところに何かを入れるなんて一生ない。

と思っていた。
それなのに。

去年の夏、その出口専用の穴に入れちゃったのよー。




ただし、入れたのは男のアレではなく、座薬。
滅多に熱を出さない私が熱を出した。朝起きた時点で充分熱があったのに、いろいろあって出勤したら案の定上がってしまい、早退して寝てもまだ上がり40度に達した。
あまりの高熱のためか、市販の解熱鎮痛剤が効かない。
仕方がないので座薬を入れる決意をした。正パートナーがよく熱を出す人で、処方してもらった残りが冷蔵庫にあったから。

腰が痛いのと、うまく入れる自信がないのとで、
情けない姿をさらすことになるけれど正パートナーにお願いした。
穴に力を入れないように、それだけに精神集中した。

スルンと、あっけなく入ってきた。
体内のどこか遠く、今まで意識したことのない部分にひんやりとした感覚があった。
「ついに入れてしまった」と思った。
「お尻をいじられるってこんな感じなのかな」と思った。
40度あってもそんなことを考える私は、真のエロでしょうか。

2004-09-29(Wed) 11:00| した。(プチエロ)| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaokao.blog2.fc2.com/tb.php/126-c4112528

RECENT COMMENTS

BLOGLIST


私を登録 by BlogPeople

全記事表示

全タイトルを表示

SEARCH

RSS FEED

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。