FC2ブログ

PROFILE

kaokao

  • Author:kaokao
  • 和姦第一。

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORY

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

くせになりそう♪(ノ´∀`*)

NPNBで出張ったにもかかわらず、X氏の反応は薄い気がした。
うわ~なんかちょっと淋し~い(^_^;)

だけど実際にはX氏も興奮していたのだ。
「お湯溜まった?」
「人間が入ればちょうどいいくらいかな」
「じゃあ止めてきちゃえよ」
お風呂のお湯張りが終わるのを待っていたらしい(笑)




今度は落ち着くヒマもなくすぐに始まった。
横に座るとキス。
胸を触っては「ノーブラだ」
手を突っ込んで毛を触っては「ノーパンだ」
いちいち確認してるのがおかしかった。

タイトスカートなので座ったままでは脚を開くのもままならない。
すぐに立たされる。

抱き合うと下腹部につっかい棒。
なんだよもうこんなになってんじゃんよ全然触れて来ないからやる気ないのかと心配しちゃったよツンデレか?

彼にしてみれば、私を動揺させるのが目的ではなく、
単に「蛇口止めなきゃ~」とか騒がれないための、中断されることなく行えるための処置だったんだろう。
時間もふんだんにあったし。


一枚だけ、邪魔になりそうなカットソーのみ脱がされる。
タンクトップは捲っても落ちてこないので脱がされない。
せっかくの着ハメ、落ちては上げ落ちては上げするのは興醒めだから、捲っても落ちないのを着て来たのよ~そんな方面に限って気が利くな~私~

壁に押し付けられ、服を捲くり上げられる。
胸にキスを浴びせられながら、下腹を触られる。
前にはX氏、後ろは壁で、腰を引こうにも引けない。
彼の思うままに触られまくる。

そのせいか、シートベルトのせいか、X氏のツンデレのせいか、
私にしては濡れるのが早かった。
すぐに下から湿った音が聞こえ始めた。

2007-05-08(Tue) 19:13| した。(エロ)| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RECENT COMMENTS

BLOGLIST


私を登録 by BlogPeople

全記事表示

全タイトルを表示

SEARCH

RSS FEED

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。